TAKAMIYA GROUP

高性能機材×専門チームによる
点群データ作成

建設業界を中心に、さらなる活用を期待されているのが点群データです。
キャディアンでは、高性能3Dレーザースキャナー複数台と専門の空間計測チームを設置。
施工現場の空間計測によって、スムーズな施工計画、遠隔での現場確認などをサポートします。
またエンターテインメント、防災、文化財保存など、建設以外のニーズにも柔軟にお応えします。

Why CADIAN?

CADIANなら

空間計測を専門とする
経験豊富なチームが撮影

「たしかな撮影技術をもつスタッフがいない」「経験不足でアクシデント発生時に対応しきれない」などの理由による失注を減らすために。キャディアンの空間計測専門チームがサポートします。

計測人員・経験の不足が原因で、案件が失注になることがある

CADIANなら

デスクにいながら
現場を360℃眺められる

点群データを活用することで、「位置情報をもとに壁面寸法を測定する」「地盤の凹凸を視覚的に確認する」といったことがPC上で可能になります。現場に赴く回数を最低限に抑えることができます。

確認漏れや設計の変更などで、現場確認が何度も必要になる

CADIANなら

各種ソフトとの連携で
活用の幅を広げる

寸法測定や現況把握などに便利な点群データですが、各種関連ソフトとの連携によって活用の幅をさらに広げることが可能です。

点群データをもっと活用したいがノウハウがない

SERVICE

3Dレーザースキャナーで
スピーディに計測

点群データとは、XYZ軸の位置や色の情報をもった何億もの「点の集まり」です。点群データの取得には、3Dレーザースキャナーを用います。適切な場所に設置し、要件に応じて「分解能」「品質」などを設定して計測。従来は膨大な手間と時間がかかっていた法面なども、スピーディかつ安全に形状計測することが可能です。

機材・対応ソフト

arrow

データ合成からノイズ処理、
3Dモデリングまで

複数のポイント(器械点)で計測したデータを合成して点群データを作成するのはもちろん、計測時に発生するノイズの除去、壁・天井などの要素ごとに分類・色分け、3Dモデリングデータの作成まで対応します。関連ソフトの活用によって、配管の自動抽出なども可能です。

業界を問わず、
あらゆるご相談に対応

建設業界に限らず、エンターテインメントコンテンツへの活用、ハザードマップの作成、歴史的建造物のデータ保存など、多様な業界・ジャンルのご相談に対応します。お気軽にお問い合わせください。

導入の流れ

打ち合わせ
利用目的、計測範囲、計測ターゲット、成果物などについて、ヒアリングを行います。
見積
ヒアリングの内容に応じて、見積書を作成します。
※時期によってはキャンペーンが適用されることがあります。
契約
計測
現地に赴いて計測。必要であれば、事前に現地踏査を行うこともあります。
データ処理等
データ合成、ノイズ処理、モデリングなど、ご要望いただいた作業を行います。
納品
成果物を納品し、内容をご確認いただきます。

お気軽に
お問い合わせください

arrow

お問い合わせ 資料請求 機材レンタル パートナー企業
line