TAKAMIYA GROUP

キャディアンで働く人々02

arrow一覧へ

設計からFMまで、
効率的な施工管理を実現。

建築設備部 建築設備グループ・マネージャー

山﨑 裕子2014年度入社

採用情報

現在のお仕事内容を教えてください。

オフィスビルを中心に、設備BIMモデルを作成。
インストラクター業務も行っています。

オフィスビルを中心に、工場、倉庫、病院などの新築物件について設備BIMのモデル作成を行っています。クライアントから「社内に設備BIMを扱えるスタッフを育成したい」という要望に応えて、各種BIMソフトの研修、インストラクター業務を請け負うこともあります。その他計装図面を中心とした電気設備図面の作成、工事積算業務にも対応しています。

やりがいを感じるのは、どういったときですか?

お客様先での研修などを経て、苦労の末にお客様に満足いただけるようになったときです。

キャディアンに入社するまでは、計装機器メーカーで平面図の作成や工事積算業務を行っていました。キャディアンで請け負う業務はやや上流工程となり、BIMの経験もなかったので入社当初は苦労しました。お客様がどのようなものを求めているのかすぐに掴めず、試行錯誤しながら取り組んでいった記憶があります。

そもそも当時はキャディアン自体もBIM導入から3年しか経っておらず、経験者と呼べるほどの人材がいない状態でした。そのため、お客様先のBIM推進室に研修として3カ月間入らせいただき、意匠・設備・構造の各モデルの合わせ方、ルール策定にあたっての考え方などを学ばせていただきました。こうした研鑽を経て、お客様から「依頼して良かった。また次回もお願いします」と言っていただけるようになったときは、本当にうれしかったです。

キャディアンで働く魅力を教えてください。

メディアに掲載されるような
大規模・最新事例に関われる機会があります。

大手ゼネコンや組織設計事務所等のクライアントとの直接取引となるため、建設系メディアに掲載されるような大規模案件や最新事例に関われるチャンスがあります。以前の職場では、営業に出ることがなく内勤だけでしたが、直接クライアントと接する機会が増え、大変なこともありますがやりがいを感じています。

今後の目標・展望についてお聞かせください。

幅広いフェーズで対応できることを
アピールしていきたいです。

「設備BIMといえばキャディアン」と業界内で認識してもらえるようになることが目標です。施工に関しては各専門業者が入り、日々状況が変化していくので私たちがリアルタイムに更新対応するのは現実的ではありませんが、それ以外の基本設計・実施設計・竣工・FM(ファシリティマネジメント)など、幅広いフェーズでBIMモデルを提案できることをアピールしていけたらと考えています。

入社希望者に向けて、メッセージをお願いします。

強い想いをもって「こんなことをしてみたい」と会社に提案すれば、チャレンジさせてくれる風土があると思います。新技術である空間計測分野も拡大を進めており、大きな成長が期待できる会社だと思います。

一日の仕事の流れ

05:30起床
出社する日はこの時間に起きる。
(週の半分はテレワーク)
06:00通勤
電車に1時間30分揺られる。
ドアツードアで約2時間。
08:00出社
スケジュールの確認を行う。
09:00朝礼
東京本社全員で朝礼。
予定と体調を確認。
10:00会議
キャディアンベトナムとの
物件進捗確認を行う。(毎週金曜日)
12:00昼食
お弁当を持ってきて食べることが多い。
13:00会議
クライアントとの定例会議。
研修内容の検討を行う。
16:00終礼
チームでの終礼。残業の確認をし、分散できる業務の負荷調整を行う。
18:00退社
19:00通勤
帰宅時の通勤時間は読書に充てている。
20:00夕食
出社した日は8時頃に夕食。

キャディアンで働く人々

お問い合わせ 資料請求 機材レンタル パートナー企業
line